partymind

menu

プリンス・ニュース: 2017年

シニード・オコナーがドラッグに関する狂言について正式に謝罪

シニードvsアーセニオシニード・オコナーがFacebookで、プリンスと親交のあったアーセニオ・ホールが長年に渡りプリンスへのドラッグの提供者だったと投稿。これに対しアーセニオは名誉棄損で彼女を訴えていました(あまりに下らなかったのでニュースでは取り上げませんでした)この訴えに対し臨戦態勢だったシニードですが、ここにきてようやく当該発言が虚偽であったことを認めて正式に謝罪。アーセニオも訴えを取り下げたようです。彼女の精神状態を知る人であれば、一連の発言が注目を集めるための狂言であることは自明だったのですが、嘘も百回言えば本当になる世の中、正式に撤回してくれて何よりです。しかし殿下ファンとしてはひとえに腹立たしいですが。情報源

2017/2/25

ストリーミングでのプリンスの再生回数が話題に

MapSPotifyを初めとするストリーミングサービスでプリンスの楽曲配信が解禁されてから1週間で1,700万再生を記録したそうです。新発売でも無い楽曲がここまで注目を浴びるのは凄いですね。いかにストリーミングサービスが普及しているか、そしてプリンスの楽曲が待ち望まれていたかを如実に物語る数字ではないでしょうか。因みに再生回数の上位10曲のうち半数は"Purple Rain"からのもの。情報源
Prince. Now on Spotify では、プリンスの再生がどのように世界に広がっていったかをヒートマップで表現しており興味深いです。日本ではSpotifyがまだ普及しきっていないという事情もありますが、ちょっと鈍いですね。

2017/2/24

書籍「プリンスとパープルレイン」2/25発売

ローリング・ストーン誌の編集主任アラン・ライトによるパープル・レインを題材にした書籍の邦訳版「プリンスとパープル・レイン (音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏) 」が2月25日に発売されます。追悼本は広く浅く網羅したものが多いですが、パープル・レインを掘り下げたものがどうなるのか、興味深いです。

1983年8月3日。暗いステージにコードが鳴り響く。聞き慣れないコードだ――
B♭の3度を2度に置き換え、ベース音はD(=B♭sus2/D)。1年後、このサウンドは観客を熱狂させることになる。
これは『パープル・レイン』の物語だ。
――本文より

2017/2/18

グラミー賞でプリンストリビュート(ブルーノ・マーズ、ザ・タイム)

Burunoグラミー賞でプリンスのトリビュートが行われました。ブルーノ・マーズの選曲はまさかの"Let's Go Crazy"。ブラックミュージックに造詣の深い彼なので、もう少しソウル寄りな選曲になると思っていたんですが意外でした。いわゆる「プリンスっぽい」衣装でクラウドギターを弾きこなしてました。個人的には"Let's Work"とか"I Wanna Be Your Lover"とか初期の歌が合うと思うんですが、グラミー賞のパフォーマンスなので万人向けですもんね。 ザ・タイムは持ち歌でパフォーマンスを披露。

2017/2/13

アルバム2枚とコンサートフィルム2本が"Purple Rain"リマスター盤と同時発売予定

Purple Rain以前から話が出ていた、アルバム"Purple Rain"のリマスター盤がいよいよ発売されるようです。しかも、金庫の未発表曲からいきなり2枚のアルバムもリリース。さらに、コンサートフィルムも2本リリース。そして、これらがすべて6月9日に発売される…というから驚きです。ちょっと信じがたいというか、そんなにいきなり売ったら売上に影響しそうなもんですけど、とにかく嬉しいニュースには違いありません。無事に出ることを願っています。情報源

2017/2/13

過去作品のストリーミング配信が正式に決定&グラミー賞トリビュート

1月11日のニュースでも不確定情報として掲載しましたが、現地時間の2月12日に開催される第59回グラミー賞に合わせてプリンスの過去カタログが、Apple MusicやSpotifyなどでストリーミング配信されることが正式にアナウンスされたようです。また、同授賞式ではプリンスとジョージ・マイケルのトリビュートが実施される予定です。演者について正式な発表はありませんが、オリジナル7がSNSで自らブルーノ・マーズと競演するとアナウンスしています。情報源

2017/2/10

謎の投票

PRNFamily.comのTwitterアカウントでRoll Call(点呼)が行われています。第1段、アフリカ、アジア、オーストラリアでは2/9時点でアジアがトップ。

2017/2/10

プリンス・ファミリーの公式サイトオープン

PRNFAMILYプリンスの家族による公式サイト、PRNFamily.comがラウンチしました。
いまのところペイズリーパークと各種SNSのリンクがあるだけで、コンテンツはありませんが、今後ニュースやイベントなどの情報も掲載していくそうなので、継続的にウォッチしていく必要がありそうですね。キーワードはTruth, Harmony, Loveだそうです。

2017/1/30

オークションにプリンス関連物出品

オークション

プリンス所縁の品がオークションに出品されています。
スタッフや関係者から横流しされたと思しき、衣装、プロダクションの副産物、プリンス手書きのメモ、未公開の写真など。どれだけの値で落ちるかは分かりませんが、最初の設定だけ見れば、頑張れば買えなくもない値段なのでコレクターのかたは挑戦してみては?個人的には、LOVESEXY時代の写真を初めて見れただけで満足(と自分に言い聞かせる)。

2017/1/28

ジュディス・ヒル、5月に来日

ジュディス・ヒルプリンスに目をかけられていた実力派シンガー、ジュディス・ヒル。5月に来日してビルボードライブ大阪と東京でライブをすることが決定しました。プリンスやマイケル・ジャクソンが惚れた才能を直に体験することができる機会です!情報源
・2017年5月2日:大阪
・2017年5月4~5日:東京

2017/1/28

マジェスティ逝く…

マジェスティペイズリーパークで飼われている2匹の鳩の片割れ、マジェスティちゃんが先週亡くなったようです。享年25歳…って本当だとしたら、そうとうな長寿ですね。
ペイズリーパーク・ツアーに行ったときも、この子たちを紹介されました。遠くからケージを見るぐらいでしたが、心なしか鳴き声は聞こえたような気がします。殿下の後を追ったんでしょうか…?
天国では、殿下のそばに居てもらいたいですね。

20167/1/23

マイケル vs プリンス

マイケルvsプリンス

80年代のポップ・アイコンは、マイケル・ジャクソンなのか、プリンスなのか?そんな問いかけがこちらで実施されています。TwitterやFacebookでタグを付けてシェアすることで投票できます。このニュースを掲載した時点では、結構いい勝負になっている模様です。まぁ、 全然種類が違うリンゴとオレンジを比べて、どちらが優れた食べ物か議論するのは不毛なことではあるのですが、こういうのがあるとつい乗ってしまうのがファンの性。ぜひ一票を!

2017/1/20

The One U Wanna C の別バージョンMV

The One U Wanna C

"The One U Wanna C"のMVが発掘されました。少し前から一部では流出していたのですが、微妙だったので拡散はしなかったものです。こちらでも書いているように、既知のMVは静止画を組み合わせたような手抜きのものですが、ちゃんとしたものが撮られていたんですね。ただし、ご覧の通りチープさが際立っており、違和感が否めない作品になっています。なにかのオマージュなのか、曲の能天気な雰囲気に合わせた演出なのか…。個人的には、ギターを弾く真似しているツインズが厳しい…。

2017年1月15日

プリンスの楽曲がストリーミング大手で解禁?

これまでTidalが配信を独占していましたが、SpotifyやAppleミュージックでプリンスの楽曲が聴けるようになるかもしれません。私は旧世代の人間なのでストリーミングサービスは興味無いのですが、門戸を広げるという意味ではいいのかな…。天国のプリンスはしかめっ面してそうですが。情報源

2017年1月11日

2016年にアメリカで最もアルバムが売れたアーティストに

プリンスが2016年にアメリカで最もアルバムが売れたアーティストであったことが明らかになりました。アルバム売上全体は昨年度より低下していたようで、音楽業界自体がフリーコピーの煽りを受けてかなり苦戦している形に。そんな中、プリンスの過去のカタログ売上のトータルでプリンスが1位に。もちろん、伝説的アーティストであるプリンスの逝去を受けての効果です。単独アルバムでも、"The Very Best of Prince"がアルバム売上枚数の8位にランクイン。
記録自体は嬉しいですが、素直に喜べない…。情報源

2017年1月9日

ジル・ジョーンズ"I Miss You"発売

1/12発売とのことでしたが、既に購入はできるようです。
MVもフルバージョンが公開になっています。


2017年1月6日

アンチェリのアウトテイクが流出

新年早々、映画"Under The Cherry Moon"でボツになったオープニング映像が流出しました。なにその私服とかツッコミどころの豊富さは相変わらずですが、一味違う始まり方は必見。キュートな殿下がたまりません。

2017年1月3日

明けましておめでとうございます。

シドニーとロンドンのニューイヤーはパープルだったようです。
http://www.gomn.com/news/watch-london-and-sydney-choose-prince-to-ring-in-2017/

2017年1月3日

 

次を見る ⇒


PR