partymind

menu

ジャスティン・ティンバーレイク、スーパーボウル ハーフタイムショーでプリンスと競演

直前のホログラム騒動(結局TMZのガセネタ?)で、プリンスファンによる視聴ボイコットの動きまでありましたが、プリンスファミリーやシーラ姐さんのジャスティン直撃による火消しなどを経て無事に開催された、スーパーボウル ハーフタイムショー2018。結論から先に書きますが、見事でした!

あれ?室内?と思いきや、そこから階段を上ってステージに現れたジャスティン・ティンバーレイクがヒット曲メドレーを軽やかに披露していきます。中々魅せるね~と思って呑気に構えていると、後半に差し掛かった頃"Minneapolis Minnesota, this one is 4 U."とMC。瞬間、なんと巨大なスクリーンにプリンスの姿が映し出されました!そしてそのままプリンスの"I Would Die 4 U"にジャスティンが合わせるという演出。これはやばい。

スーパーボウル ハーフタイムショー2018

さらにはトリビュートセッションの途中でミネアポリスの街が紫のシンボルの形にライトアップされる様子が画面に映されます。この映像はCGなのか本物なのか分かりませんが、とにかく我々ファンの涙腺を壊すには十分な破壊力を持っているわけでして…。待ちきれず会社からの帰宅途中にこの動画を見た私は電車の中で号泣するハメに。

スーパーボウル ハーフタイムショー2018

ジャスティンのショーはというと、軽妙で楽しくて素晴らしかったです。とにかく動く動く。最後は客席にまで突っ込んでいき少年とセルフィーを撮るというサービスっぷり。このフレンドリーさはミネアポリスの優しい人柄と見事にマッチしたと思います。もー本当に、ジャスティン、どんだけ良い仕事するんでしょう。大好きです。
NFLが提供してくれている公式動画はこちらから観れますので、ぜひその目で確かめて堪能してください!

ショウの後、トゥナイト・ショーに出演したジャスティンがプリンスについて語る動画も紹介しておきます(4分あたりからです)。惜しみないプリンスへのリスペクトを述べており心を打たれます。ジャスティンに「プリンスの門番」と称されたクエストラブも"It was dope!"と承認を与えています(笑)

2018/2/5


PR