partymind

menu

ペイズリーパークで限定的な酒販売許可

チャンハッセンの市議会は、ペイズリーパークミュージアム(スタジオ)で、限定的なイベントの際に酒類の販売を許可するという要望を全会一致で承認しました。情報源

ペイズリーパーク 3Dパズル

これは、従来は酒類の販売を想定していなかったペイズリーパークミュージアムに関わるPUD(計画単位開発)の修正という形で実現することになります。
2018年には、ミネアポリスで開催されたスーパーボウルと併せて、同ミュージアムでジャスティン・ティンバーレイクがリスニング・セッションを開催。その際に限定的に酒類の販売を実施しています。当時のニュース

同ミュージアムについては、様々なイベントの引き合いがあるようで、それらの実現をスムーズにするための施策と思われます。ファンとしては複雑な思いしかないですけどね…。聖地に酔っぱらいを連れ込まないでほしいです。
ただ、ペイズリーパークのセールス・マネージャーであるカレン・ホワイト氏の言によると、特別なイベントで酒類を販売するのは全体の半数に満たないだろうとのこと。「殆どの人はプリンスのパンケーキとオレンジジュースを求めると思うわ」

2019/1/19


PR