partymind

menu

プリンス(Prince) partymind は、孤高の天才ミュージシャン、プリンスのファンサイトです。⇒このサイトについて

プリンス・ニュース

書籍「プリンスとパープルレイン」2/25発売

ローリング・ストーン誌の編集主任アラン・ライトによるパープル・レインを題材にした書籍の邦訳版「プリンスとパープル・レイン (音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏) 」が2月25日に発売されます。追悼本は広く浅く網羅したものが多いですが、パープル・レインを掘り下げたものがどうなるのか、興味深いです。

1983年8月3日。暗いステージにコードが鳴り響く。聞き慣れないコードだ――
B♭の3度を2度に置き換え、ベース音はD(=B♭sus2/D)。1年後、このサウンドは観客を熱狂させることになる。
これは『パープル・レイン』の物語だ。
――本文より

2017/2/18

グラミー賞でプリンストリビュート(ブルーノ・マーズ、ザ・タイム)

グラミー賞でプリンスのトリビュートが行われました。ブルーノ・マーズの選曲はまさかの"Let's Go Crazy"。ブラックミュージックに造詣の深い彼なので、もう少しソウル寄りな選曲になると思っていたんですが意外でした。いわゆる「プリンスっぽい」衣装でクラウドギターを弾きこなしてました。個人的には"Let's Work"とか"I Wanna Be Your Lover"とか初期の歌が合うと思うんですが、グラミー賞のパフォーマンスなので万人向けですもんね。 ザ・タイムは持ち歌でパフォーマンスを披露しました。

2017/2/13

アルバム2枚とコンサートフィルム2本が"Purple Rain"リマスター盤と同時発売予定

Purple Rain以前から話が出ていた、アルバム"Purple Rain"のリマスター盤がいよいよ発売されるようです。しかも、金庫の未発表曲からいきなり2枚のアルバムもリリース。さらに、コンサートフィルムも2本リリース。そして、これらがすべて6月9日に発売される…というから驚きです。ちょっと信じがたいというか、そんなにいきなり売ったら売上に影響しそうなもんですけど、とにかく嬉しいニュースには違いありません。無事に出ることを願っています。情報源

2017/2/13

過去作品のストリーミング配信が正式に決定&グラミー賞トリビュート

1月11日のニュースでも不確定情報として掲載しましたが、現地時間の2月12日に開催される第59回グラミー賞に合わせてプリンスの過去カタログが、Apple MusicやSpotifyなどでストリーミング配信されることが正式にアナウンスされたようです。また、同授賞式ではプリンスとジョージ・マイケルのトリビュートが実施される予定です。演者について正式な発表はありませんが、オリジナル7がSNSで自らブルーノ・マーズと競演するとアナウンスしています。情報源

Do these purple Spotify ads mean what everyone thinks they mean? (That would be, Prince). https://t.co/lfF8JYp1v0 pic.twitter.com/kcqNLqaY6H

— GoMN (@GoMNNews) 2017年1月30日

2017/2/10

謎の投票

PRNFamily.comのTwitterアカウントでRoll Call(点呼)が行われています。第1段、アフリカ、アジア、オーストラリアでは2/9時点でアジアがトップ。

#PRNFamily Roll Call :)

— PRNFamily (@PRNFamily) 2017年2月10日

2017/2/10

 

過去のニュースを読む ⇒

更新情報

PR

プリンスの言葉
Words Of Prince by New Breed with Takki
1999 JPY,party price.初登場でAmazonランキング1位獲得
詳細は公式FB、@NewBreedPrince をご覧ください。
※巻末の「プリンス関連サイト」で当サイトをご紹介いただきました。