partymind

menu

プリンス早見表

プリンスはデビューからずっと年を取っていないように見えます。そのため、プリンスの写真を見ても「これっていつの時代~?」とパニックになることがあるかもしれません(絶対無い)。そんな初心者の方のために、プリンスの見た目を早見表にまとめました。

お顔 概要説明
1978
デビュー
20歳。記念すべきデビュー時。学生時代はクラスで一番大きかったという立派なアフロが特徴。初々しさがあります。
1979
サラサラ
アフロから一転、ストパーでフサッフサ。肉感的な体型と相俟って、爽やかなゲイムードを醸し出します。
1980
ダーティマインド
ちょい悪というか、セクシー路線に。この時代、基本的にズボンは履いておらず、キャリア中で最も露出度が高い時期。
1981
戦慄の貴公子
セクシー路線は踏襲しつつ、ワイルドさにハイソサエティ的な洗練が加わります。耽美さに磨きがかかってきます。
1982
1999
80年代らしいボリューミーなヘアスタイル。いわゆる一般的な「プリンス像」はこのあたり。
1983
1999
25歳。続・プリンスのステレオタイプ。コスプレされたりパロディされたりするのも一番多いスタイルですね。
1984
パープルレイン
世界の頂点に立った頃。コロコロスタイルを変えるプリンスにしては3年間も続きました。よほど気に入っていた証拠。
1985
ラズベリーベレー
自慢のカーリーヘアーをバッサリとカット。チャーミング路線に転向。ヒゲもキャリア中、1、2位を争う薄さ。逆に青っぽくなりましたが。
1986
パレード
短髪はエスカレートし、オールバックで撫で付けるように。この頃は回顧主義の節があったので、その一環でしょうか。
★初来日:大阪、横浜
1987
SOTTS
プリンス流無造作ヘアーとでも呼びましょうか。伊達メガネをかけてみたり、毛先だけを三つ編みしたりもします。
1988
ラブセクシー
30歳。1979年の頃とはちょっと違うけど、フワッフワヘアー再び。ナチュラルな魅力があって、トータルで見ると一番好きな頃です。
1989
バットマン
髪の毛を後ろで結わえることが多いですが、基本的に長髪は継続します。
★来日:仙台、東京、名古屋、北九州、大阪
1990
グラブリ
プリンスの見た目人気で必ず上位に入る、美し過ぎる爽やかロンゲ。これまで口髭オンリーだったのが、頬にも生やすように。
★来日:東京、西ノ宮、札幌、横浜
1991
D&P
俗に「タイフーン・ヘア」と呼ばれるリーゼントスタイルです。頭が高くなるので、後ろから見ると4頭身ぐらいになることは内緒です。
1992
LOVESYMBOL
基本的に1991年と同じ髪型を踏襲します。コロコロ髪型を変えるプリンスが同じ髪型を続けたということは気に入っていた証拠。
★来日:東京、名古屋、横浜
1993
14-1
35歳。タイフーンヘアをフワッと発展させたスタイル。たまにセットし忘れたのかなと思われることも。
1994
15
セットに3時間ぐらいかかると思われる変則的なヘアに波打つモミアゲと幾何学的なヒゲ。もはや芸術の域でプリンスのヘアスタイルの極致。
1995
GE
またもやズバッと短髪に。ストパーでサラサラぼっちゃんヘアー。ほっぺにSLAVEと書いたりこめかみを剃り上げたり。化粧もエジプシャンっぽく濃い感じに。
1996
Emancipation
短髪は前年度を踏襲しますが、もうちょっと落ち着いた感じでしょうか。
★来日:東京、大阪、福岡
1997
茶髪
1996年あたりから、時々茶髪にしたりしていました。個人的には嫌いなんですよね、茶髪は。生まれたままの髪の毛で十分美しいのに…。
1998
アミアミ
40歳。基本的には前年度踏襲。色んな変則的な髪型をしますが、左の写真はそのうちの一つ。ファンにはネタが尽きたのかと囁かれました。
1999
茶髪2
茶髪2
第3期ロンゲ時代と私は呼んでいますが、ドレッドっぽくすべての髪の毛を編み込むようなことも時々やっていました。あまりにも振り幅が大きいので、この年だけ例外的に写真を2点紹介します。
2000
20-1
前年度踏襲ですが、一時期少しだけ茶髪が復活。
2001
21
前年度踏襲その2。ちなみにメガネは伊達と思われます。
2002
ONA
またまた短髪に戻ります。ストパー全開でサラッサラヘアー。日によっては若干カールしているところが見えると嬉しかったのです。
★来日:東京、浜松、札幌、仙台、福岡、大阪、名古屋
2003
22-1
45歳。短髪継続ですが、香港ツアーの頃は少しだけカーリーになっていました。
2004
Musicology
2002年の頃のように強力なストパーではなく、少しカーリーで自然な感じに。非常にバランスが良いです。
2005
25
この辺からあまり差が無い時代が続くのでコメントに困るのです。
2006
26
小奇麗ですが、少し髪の毛のコシが無くなったと囁かれることも?
2007
スーパーボウル
スーパーボウルではバンダナを取るときに皆をヒヤッとさせたとかさせなかったとか。
2008
21 Night
50歳。続きます。
2009
モントルー
サイドを剃り込むという、改名時代を彷彿とさせるスタイルも。
2010
2010
小奇麗なスタイルを踏襲します。
2011
31
毎年髪型を変えていたのは昔の話ですね。
2012
32
と思っていたら、なんとアフロに回帰。これは予想外でした。しかし長さが足りず微妙な時期を過ごします。
2013
33
55歳。大分アフロも伸びてきた時期です。まだ違和感を持つ人が多かったのでは。
2014
34
かなり立派に育ちました。大御所の貫禄を身にまとい、サイババに似ていると言われることが増えます。
2015
35

3つ目が開眼します。アフロは安定期に。プリンスといえばアフロ。アフロと言えばプリンス。

2016
36
パスポート写真より。デビュー時に勝るとも劣らない立派なアフロが板に付いています。

次を見る ⇒


PR