partymind

menu

追悼プリンス Part 1

REDGIRL   -  Mail  [ 1193]   2016/05/05/01:44
中学生の時、初めてお小遣いで買ったLPが『パープルレイン』でした。回りに洋楽ファンはいましたが、プリンスファンはいなくて、寂しい思いをしたのを覚えています。

大学から就職する頃にはプリンスから離れ、結婚して子育て真っ最中は洋楽すら聴かなくなってました。なので、プリンスの訃報がこんなに胸に突き刺さるなんて、自分で驚いてます。そして今、ずっと懐かしいプリンスの曲を聴き続けてます。
改めてプリンスの多才さ、偉大さに圧倒されてます。

すっかりオバサンになった自分に比べ、初めて見た頃と変わらないプリンス。そして亡くなった今、彼は永遠に若く美しいまま皆の記憶に残るのですね。あの歌声と共に…。
リアルタイムでプリンスに出会えた時代に生まれた事に感謝します。ここで自分と同じ気持ちの方々が沢山いることを知って、励まされました。ありがとうございました。

もも   -  -  [ 1191]   2016/05/04/23:51
プリンスが亡くなってしまいショックです。
まだ、ピンとこない。信じられないです。

鮮やかに生きて旅立っていかれた。
やるべき事は全て終え、天寿をまっとうしてくれた。
そんな気がします。

プクプク   -  -  [ 1188]   2016/05/04/20:54
30数年前、三宮のBIG映劇でパープルレインが
上映され、5回見に行きました。
観客はいつ行っても10人位。あの時見てた人は
プリンスの死を、悲しんでくれてるかな。

izumi   -  Mail  [ 1185] 2016/05/04/12:55
毎日泣いてしまいます。
レニークラヴィッツが、
彼が亡くなったと同時に僕の中の一部も逝ってしまった...と話していましたが正しく同じ気持ちでいます。

12歳の時に初めて彼の曲を聴いた時のドキドキ感とときめき...私もプリンスが初恋でした。
大学時代に2日連続でLIVEに行ったのが最後となりその後結婚し子育てに終われ20年近くも彼から遠ざかっていた矢先の訃報。
真っ先にiTunesでHITNRUNを購入して聴いた瞬間号泣しました。
まさか私の大好きなFUNK色よりに進化していたなんて
どの曲もかっこ良すぎて聴けば聴くほど彼が亡くなってから気付くなんて...と後悔しもう生で聴ける場は二度とないんだと思うとまた号泣。

私もわまりに誰もプリンスファンがいなく、
哀しみを共有し話しをして癒される場が欲しくて1人泣いてばかりいました。
本当にこちらのサイトに助けられました。

家族が寝静まった後、1人プリンスタイムがスタートし
12歳の頃にときめいたようにまた34年後の今彼に恋しています。
映画パープルレインを観ては、I want youと彼に指差しされるアポロニアになりきり、
Betcha by Golly Wow!のpvでは妊娠を告げて彼に抱きしめられるマイテになり、
カッコ良すぎるギタープレイに痺れ、
魔法のような和音を奏でるピアノタッチに酔いしれ、
ファルセットの効いた高音とロマンティックな低音
シャツの襟をビシッと立てて着こなすスーツ姿
ブラウス全開で見える胸毛&ネックレス...
左頬のセクシーなホクロ
わたしにとってプリンスはロマンティックの塊です。
私も願わくば、こちらのプリンスファンの人達と一緒にペイズリーパークへいつか訪れて献花したいと切に思います。

東京では映画の公開や、追悼イベントがありとても羨ましいです。
神戸在住ですが、どこかのクラブでプリンスナイトを開催してくれないかと探していますがまだ見つけられません。大音響で踊りまくりたいです。

長文大変失礼しました。
文章にすることで哀しみがだいぶ癒されました。
また、こちらのサイトでプリンスファンの方々の思いを読み共感し哀しみを少しずつ彼への感謝に変えていけますように...

ねむみ   -  Mail  [ 1184]   2016/05/04/11:09
プリンスは私の初恋の人でした。今迄ずっとプリンスの曲だけを聞いてきたわけではなく、日頃の忙しさの中で存在を忘れてしまっていた時期もありました。でも亡くなられた今、喪失感が半端ないです。一つの時代が終わったような、それと同時に自分の中の何かも死んでしまったような…。一番悲しいのは、自分と周りの人たちとのギャップです。TVでも訃報のニュースが数分放映された程度、身近な人の中では話題にのぼった事すらありません。こんな悲しい気持ちを吐き出せず、モヤモヤしながら携帯をいじっていたところ、こちらのサイトに行き当たりました。他の皆様の熱い思いが伝わり、悲しさを分け合えた気分です。ありがとうございます。

AWITD   -  -  [ 1182]   2016/05/03/13:17
はじめまして。
プリンスの急逝に驚き、
色々検索している中でこちらのサイトにたどり着きました。
皆さんの殿下への思いに
私も胸が熱くなります。

昨晩渋谷でSign of The Times観て来ました。
パンフレットはもう完売!という事で
実家に置いたままで手元にないCDを4枚も買ってしまいました。

上映中、プリンスは何を思いながら、
この歌詞を作ったのだろう、
ステージ側で常に的確に殿下をサポートする
シーラは今何を思っているのだろう、
色々考えながら観ていると
何度も泣きそうになりました。

鑑賞直後、満員の会場では
拍手喝采!
どうか安らかに…

でも、きっとプリンスのパワフルな魂は
どうしても何かを創りたくなって
またきっとこの世界に戻って来てくれる、
と心の片隅で信じていたいと思います。

またこれからもお邪魔したいと思います!

モニカ   -  -  [ 1181]   2016/05/03/12:52
これからは空を見上げてプリンスを思います。

殿下はもう空の向こうへ行ったかなぁ。
みんなが悲しんでいるからまだかなぁ。

成仏されてしばらくは休養してほしいものです。
ありがとうございましたプリンス。

Dark Angel   -  -  [ 1172]   2016/05/02/10:51
皆様、こんにちは。
今日、夢にプリンスがでてくれました。笑顔をみせてくれ、小さな会場でこれからライブ、というような感じでした。

一般葬にも参列したいですが、ファンを受け入れるとなると世界中から大変な人数になるでしょうね。どうなるのでしょう・・・。マイケル・ジャクソンの時のライブ放送形式のお葬式はないと想像しておりますが。
いつか、ミュージアムとして開館したら、ペイズリー・パークを訪れたいです。
夢というか希望というか、もし、こちらをみている方々と一緒にペイズリー・パーク・ツアーを計画し、実現できたら、いいなぁ、と妄想しております。私一人でも実現したいと思っています。
19年程前だったか、ペイズリー・パークで待っていれば運よければパーティに入れる、と、実際に入れた方の話しを聞いて、行きたい!と思ったのものです。
来日を待っているだけでなく、こちらから海外でのライブに行けばよかった・・・、後悔は多々あります。

プリンス!殿下!今まで有難う!!
これからもプリンスの音楽は忘れません!!

ARA   -  -  [ 1180]   2016/05/03/05:01
先日、某サイトでSometimes it Snows In Aprilの和訳を目にしました。
これまであまり聞き込んだ事の無かった曲だったので、改めてこういう内容だったのかと驚きました。
映画の主人公トレイシーの追悼ソングだというのは知ってはいたのですが、今はもう完全に殿下自身のレクイエムにしか聞こえません。

All good things they say, never last
And love, it isn't love until it's past
いい事は永くは続かない。
そして愛とは、過ぎ去ってはじめてわかるもの。

去年の暮れから今年にかけて大物の訃報が続いていますが、
よもや殿下までもがそのリストに加わるとは・・・
失ったものの大きさを改めて噛み締めているところです。どうか安らかに。

まりぶ   -  -  [ 1179]   2016/05/03/02:20
プリンス… こんなにみんなから愛され 尊敬され 才能あふれる人だったんですね。
彼は 亡くなる時、神に見守られ そして 身を神にゆだねたと思います。1人じゃなかったんですよ。

カイカイ   -  -  [ 1178]   2016/05/03/00:50
サインオブザタイムスの追悼上映に行ってきました
前方の席で見られて、映像も音響もすばらしい迫力でした
結局ライブに行けなかった僕としてはライブを疑似体験するような印象深い夜になりました
生で1度だけでも見たかったなと思う気持ちももちろんありますが、なにか少し吹っ切れたような、彼がいなくなったことを受け入れられた様な気がします
彼が残してくれたすばらしい音源や、ライブ映像があることに感謝します
とても辛い別れですが、これだけ切なくなるほどの最高の出会いだったと感じてます
これからもずっと彼は僕にとってスーパースターです

プリンスアラモード   -  -  [ 1177]   2016/05/03/00:23
 みなさんの熱い書き込みを読むと涙が滲んで仕方がありません。。周りには全然いませんが、こんなにもプリンスを想っているファンがたくさんいることを改めて知ることができました。
プリンスは作品の素晴らしさもさることながら、やはりライブを抜きには語れません。初来日以来、2002年の仙台までどの来日公演も必ず行きました。毎回ライブの楽しさというものを教えてもらった気がします。みなさんの書き込みにみられるように、86年の横浜スタジアムはわたしも生涯のベストライブだと思います。全然日本に来てくれないので海外に聞きに行くしかないと考えていましたが、もっ
と努力をしておくべきでした。後悔。
「サイン・オブ・ザ・タイムス」を見に行こうとしたら、すでに明日の分まで完売。今週中には絶対再見したいです。
プリンス、本当にたくさんの思い出をありがとう。今は感謝しかありません。

jamesh   -  Mail  [ 1174]   2016/05/02/18:03
初めまして。Princeが亡くなった事が時が経つにつれてどんどん辛くなってきています。

私が初めてPrinceを聞いたのは1982年からアメリカで送った大学時代のディスコ。1999やLittle Red Corvetteは大学町のDiscoで結構ウケてました。
その頃にお目見えしたMTVでPrinceを観て「ダサい」「気持悪ッ」と思ったけど聞けば聞くほど効いてくる音楽でした。
当時の日本ではだれにも「Princeが好き」と言いにくい感じで(だって、当時はトレンチコートにビキニで露出狂みたいなスタイルでしたよね?)密かに愛を育てていました。

1982年~2000年代最初くらいまではよくライブにも行っていましたが、その後はいろいろと忙しく、イギリスに引っ越したりして少し疎遠になっていたのですが、こんなに早く亡くなってしまうなんて想定外・・・!
今は切ない、悲しい気分で胸がつぶれそうです。
ネットサーフィンしていてこのサイトを知りました。Princeを愛している方がこんなにたくさんいらっしゃることを知りとても嬉しいです。

渋谷の映画は観に行くつもりです。大泣きしているおばさんがいたら、それは私です。

SG   -  -  [ 1175]   2016/05/02/19:39
初めて書き込み致します。
高校の頃から30年来のファンです。
今更ですがアトランタのFOXシアターでのライブを聴きました。
ピアノとヴォーカルだけのシンプルで美しいサウンド。
温かいファンとの集いのような対話のような空気が流れていました。
数日後に亡くなってしまった人とはどうしても思えません。
それだけ突然に彼は逝ってしまいました。
心に空いた大きな穴を持て余し、悲しみに似た怒りのような感情が私を支配しています。
乗り越えるにはまだ膨大な時間がかかりそうです。

PLF   -  -  [ 1169]   2016/05/02/00:17
プリンスを失った喪失感は半端ない。訃報を知ってその週末はずっと泣いていた。初めて彼の楽曲に触れたのはFENから新譜として流れていたLittle RED…だが、その良さを知ってファンになったのは皆さんと同様Purple Rainからだった。

なぜこれまでに喪失感が深い?デビッドボウイのときも相当ショックだったが、プリンスの死は、自分の人生の一部を失ったようなもっと深いショックだった。
30年以上も彼と一緒に自分の人生を歩んでいろんな人生のシーンにリンクしているから?

泣き付かれて頭や顔が痛かった。
あれからずっとプリンスの曲しか聞いていない。
会社にいても暇さえあれば彼のニュースを拾いまくる。
いまでも彼がいないことが信じられない。

Sometimes it snows in April はやばい。
Adoreもやばい。最期のときまでずっとそばにいるよって言ってたじゃん。うそじゃねえか。

こちらのバイオグラフィを読ませていただいた。
彼はやりたいことをやりきって新たな人生の出発をするつもりだったのかもしれないね。
回顧録にしても、最近のライブの内容にしても、なにか、区切りをつけたかったのか。そんな感じもしてきた。

4月20日20時頃から21日9:43まで誰にも見つからずにエレベーター内で一人で最期のときを過ごしたプリンス。
息を引き取るまで何を思ったのだろう。
そう思うと本当につらい。
もう一回彼の声を生で聴きたかった。
2000曲にものぼる未発表曲を彼の手でリリースしてほしかった。
もう会えない。

沖縄の王子49   -  Mail  [ 1171]   2016/05/02/08:49
初めて書き込みします。
去年このサイトを知って、自分の中のプリンス愛が復活しました。
で、このサイトの活用して自分なりの、殿下ベストCDを編集しようとした矢先の殿下の訃報。
ホントビックリでした。
しかし自分のまわりにはプリンスファンがいません。
その夜は飲み会だったのですが、プリンスの話しは出ませんでした。
それで二次会は1人でsoulbarへ。
お店にはサラリーマン風の5人組が、カウンターで、たわいもない話しをしていました。
自分は1人で飲んでいると、マスターが、
『亡くなっちゃいましたね。』
と、声を掛けてくれて、自分は、
『その為に来ました。』
と、返すと、マスターは、
『自分は昨日からプリンスばかりかけてるよ。』
とのこと。

めっちゃ感動しました。
それからはプリンスオンリー。
二時間位いた中、自分も三曲リクエストしました。
まぁ遠い沖縄から少しは供養できたかなと、勝手に思っています。
これからもこのサイトをチェックします。
長々ありがとうございました。

SNJ   -  -  [ 1168]   2016/05/01/23:20
「プリンスいないの?ウソでしょ?」
そんなことを毎日思います。
曲を聴けば電流のようにガンガンぼくを刺激する。
ハイにしてくれる。
メッセージをくれる。
どれだけパワーがあるんだ!
今日もブンブンと音が流れる!
ますますパワーをくれる。
助けてくれる。
これからも。
プリンスのパワーは無限だ。
枯れることがない。

We Are The New Power Generation!
We Are Purple Kids!!
Peace and B Wild!!

四月の雪   -  -  [ 1167]   2016/05/01/23:04
数年前からこちらのサイトを時々拝見させていただいてます。

突然の訃報に最初は冗談じゃないか、誤報であってほしいとピンと来ず、次々と放映される追悼特集を見てじわじわと納得せざるをえず、でも心の整理はつかない。そんな日々です。
プリンスの曲をかけていない時でも頭から離れず、電車の中でもふいに涙ぐんでしまうので、今は少しプリンスから離れようと思ってます。
また曲を聴いて楽しいと思える日まで。。。

管理人さま、このサイトを残してくださってありがとうございます。

ヒトデ   -  -  [ 1160]   2016/04/30/14:42
プリンスの訃報をきっかけにこちらのサイトに行き着きました。偉大なる才能を失った哀しみを、昔からのファンの方や、意外にも若い方とも共有することができ、みなさまのコメントをひとつひとつ頷きながら読ませて頂いています。

私が初めてプリンスにで会ったのはWhen Doves Cryが大ヒットしていた頃で、ソウルグローで決めた小柄な男が王子様ファッションに身を包み、ダミ声とウラ声を使い分ける異様な歌い方、おまけに濃厚ラブシーンまであり、たのきんや聖子ちゃんしか聞いたことがなかった中学一年の私は激しくショックを受けました。しかしベストヒットUSAで毎週一位を獲得して、怖いものみたさをみてるまに、、、その後はみなさんと同じです(^^)

来日ツアーも全盛期Parade, Sign O the Times, Lovesexyと行くことができ、プリンスの果てなく続くエネルギー、天才的なパフォーマンスを目の前で体感することができたのは、同じ時代に生きれて本当にラッキーだったと思います。一度は3列目に席を取ることができ、プリンスとキャットの迫力あるステージが間近で見れたのが一生の思い出です。

今日はパープルレインの映画をニューヨークの映画館で見てきました。今週はずっと放映しているのためか昼間の公演のためか、席はガラガラでしたが、私のようにひとりで観に来た観客がポツリポツリと離れて座り、彼の才能に改めて感動し、彼の死を悼みながらも、ひっそりとそれぞれ青春時代をプリンスの音楽と重ね合わせながら思い返していたように思います。

ところでプリンスってキモいと思ってましたが、パープルレインで実はめっちゃオトコマエな事に気が付きました。 20年近くニューヨークに住んでるため、目がアメリカ人になっちゃったのでしょうか。それとも私も歳がいって本当のオトコマエが分かるようになってきたのでしょうか。どなたかがマイテになりたかったと書かれてましたが、私も今日はアポロニアになりたかったです

もうちゃん   -  -  [ 1156]   2016/04/30/00:37
イマンシペイションで
プリンスを知り
レイブ、クリスタルボールが出た頃が
プリンスファン熱が最高潮だった頃です
その後 3121あたりの曲は好きになれず
ずっと遠ざかっていました。
そんな時にプリンス論を読んで
最新アルバムがこれまたよくて
再び熱が出てきた時に 死・・って
もっと新しい曲を聞きたい
この欲求不満どうしてくれるんだ
代わりになるアーティストはもういません

けん   -    2016/04/29/23:20
初めて書き込みします。ここ数年ほぼ毎日こちらのサイトを拝見しています。
殿下逝去の報から1週間が経ち、心も少し落ち着きましたが深い喪失感はまだ拭えません。

高校の時にMTVでWhen Doves CryのMVを見て、これ以上この人の音楽を聞いたら多分中毒になってしまうではと恐れ、やはりハマり、以降紆余曲折しながらもずっと聞いてきました。ここ4年位は毎日営業車で聞く音が殿下漬けでした。これからもそうだと思います。
常に挑戦し続け、留まる事をしらない殿下は普通の人のやる仕事の何十年、何百年分をやり、旅立たれました。もう新しい音が聞けないのは寂しい限りです。でも私も前を向いて行かなければと思います。

数日前も取引先の事務員さんにお勧めのアルバムデータを差し上げ、殿下の音楽はスルメの様な音楽なので、繰り返し聴きこむ事を強調し、聞く様お話しました。
近い将来はいずれプリンソロジー?なるジャンルとして殿下の音楽は確立するのではと思っています。
偉大なミュージシャンと同時代に生きれた事をとても感謝です!

このサイトで皆さんの書き込みを拝見して気持ちを共有出来る方がたくさんいらして嬉しいです。(妻はA-Haが好きで理解度低いから) 

みな   -  -  [ 1141]   2016/04/28/21:17
プリンスの死に…心が締め付けられてます。喪失感が手の先が震える感じです。渋谷での追悼放映行きたいなぁ…みなさん行かれるんですか?

ねこた   -  -  [ 1153]   2016/04/29/23:18
今BS朝日見てます。
まだプリンスロスが激しいです。

Dark Angel   -  -  [ 1137]   2016/04/28/15:24
随分と前に書き込みして依頼、ずっと読ませていただいてました。
皆様と同様、心に空いた大きな穴を埋めるには時間がかかりそうです。
殿下に関するもの、LP、CD、来日のチラシ、チケット、ツアーパンフレットなどを出してみています。

ところで、質問があります。どなたかご存知であれば、是非おしえて下さい。
(1)東京国際フォーラムホールAでのツアーの際、パンフやグッズなど一切なかったと記憶しております。開演がリハーサルで遅延したのですが、確か、ファンクラブの方々がパンフを手にしていたのを覚えています。どなたかお持ちでしょうか?もしお持ちでしたら、どのようなパンフだったのでしょうか?
(2)ローリング・ストーンズの前座をつとめたプリンス、後ろから撮った画像をネットで見つけました。しかし、正面からの画像がなかなかみつかりません。どなたか正面からの画像をご覧になりましたでしょうか?

プリンスの音楽は青春そのものでした。特に80年代は忘れられないです。これからもずっと聴くと思います。

JP93   -  -  [ 1151]   2016/04/29/14:49
プリンス
その楽曲と信仰
この世とあの世
生と死
病と老いと
神と涅槃

megg   -  -  [ 1148]   2016/04/29/10:00
私のストックには、昔も今もずっとプリンスが上位にストックされていた。
なぜ今なのか、なぜプリンスなのか。
これまでのプリンスにありがとうと言わなきゃいけないけど、どうしても今は言葉が出てこない...。

モニカ   -  -  [ 1147]   2016/04/29/06:55
皆様の書き込みに癒されます。

管理人様、このサイトによって心が救われます。
ここがあって本当に良かったです。
ありがとうございます。

紫のヘアゴムとピンをしばらく身につけます。
そしてお仕事します。

HR   -  -  [ 1146]   2016/04/29/01:56
さようなら、プリンス、今まで本当にありがとう。

京さくら   -  -  [ 1145]   2016/04/28/23:57
こちらでは今、濃淡美しいパープルのつつじと藤の花があちこちに咲いています.

この街中も、まさに紫色に染め上げられ、さらに、今日はパープルレイン。楽曲が心に染み入るようです。
お葬式も済んだ様子。本当に天に召されたのですね。人は、完璧に近づくと、飛び級で神に召され、もといた場所へかえっていくとか。。
亡くなったなんて、信じられない。けれど、数日たち、少しずつ悲しみを受け入れています。

彼の音楽、と、生き様にずっと、惹かれてきました。
異端、性的などのマスコミイメージが付きまといますが、
ピアノを習っていた私にとって、彼の楽曲は、まさに、「正確」そのものでした。
バックにメトロノームが打つが如く、常に正確なリズム。ピアノの打鍵は、ずれのない力強いもので、他のミュージシャンで聞いたことない「正確さ」。大変尊敬していました。
曲を聞くたびに、
「イメージと違って、実は、究極に真面目な性格なんじゃないの」、と感じていました。
そして、、
「俺は頂点に着くまで、やめない」
「誰もが、トップの座に着くのは簡単じゃないというけど、着いてみたら全然困難じゃなかったよ」、という歌詞。
なんという努力家なのでしょうか。
つらいときはいつも、この言葉に励まされてきました。

今回の搬送騒ぎはおそらく、
インフルエンザと持病の腰痛を、ただステージを待つファンのためだけに、過量の医療用麻薬性鎮痛剤(因みにこれは麻薬ではない!これを使わざるを得ないほどの体調だったのでしょう)で無理やり押さえ、ステージが終わって安堵して気が緩み、意識不明になり、搬送先で拮抗剤を注射されたものと思います。特段、異常なことではなく、大変よく理解できます。
キャンセルを勧める周囲の助言を聞かずに無理やり舞台に立ったとのこと。何て真面目なのか。。。おそらく、これが彼の本質でしょう。
ただ、過労がたたる年齢ではあり、不整脈死など、あり得ることです。
願わくば、願わくば、こんなときは専属のドクターがそばについていてほしかった。。。。。何よりそれが残念でなりません。
多くのファンと美女に愛されてきたプリンス。それなのに、最後はたった一人でエレベータの中で亡くなり、第一発見者が男性だったとは。。。人、とは、いかに孤独なのでしょうか。

そして、私は、最後に、彼から、
「人は、突然に亡くなる」
ということを教わりました。
人は、突然に亡くなる。それなら、人に冷たくしたり嫌な思いをさせたりして、後悔するのは嫌だから、これからは、人に、いつも温かく接していこう、と、心から思えました。
これまでずっと、彼の楽曲はもちろん、生き様に感銘してきました。そして、私にとって、彼は最後の最後まで教訓的で、人としての教えを貰いました。

R.I.P. Prince. I love U forever.
We miss you.

M.H   -  -  [ 1144]   2016/04/28/22:58
久しぶりに”農協牛乳”も聞いてみました。
こんなのもあったって。

Jami   -  -  [ 1143]   2016/04/28/22:27
度々書き込み失礼いたします。
時間さえあればプリンス関連のニュースを読み漁り、プリンスの存在が世界にとってどれほど大きく重要であったのかを再確認する毎日です。
しかしその反面、自分の周りではまるで何事もなかったかのような...まったく別世界に住んでいるような...世界から置いてけぼりをくらっているような、やり場のない気持ちでいっぱいです。

私の父が亡くなった時、残された家族と一緒に各々の父との思い出話をすることで、喪失感と徐々に折り合いをつけることができました。
そんな機会を得るために毎日こちらに来ています。管理人様、このような場を与えていただき本当にありがとうございます。また来ます...

プリちゃん殿下   -  -  [ 1142]   2016/04/28/22:01
プリンスのアルバムって僕の今までの実感で、アルバムを出した数年後に良さが分かる、凄さが分かるんだけど今、イマンシペイションを聴きながらまさにそれです。
プリンスが残したアルバムは音楽史の財産なんだけど、このアルバムは愛に満ち溢れてる。やばい。ディスク2のLet's have a babyを聴いてたら切なくなってきた。
皆さん、聴いてみて。

みな   -  -  [ 1141]   2016/04/28/21:17
プリンスの死に…心が締め付けられてます。喪失感が手の先が震える感じです。渋谷での追悼放映行きたいなぁ…みなさん行かれるんですか?

あかつき   -  -  [ 1140]   2016/04/28/16:48
The Revolution
Wendy and Lisaのオフィシャルサイトからの情報です。
Prince亡きあとの数日間を過ごして、彼らは、ショーをすることを決断したと発表してます。懐かしい顔と声です。
ちょっと元気が出ました。
https://vimeo.com/wendyandlisa

Garth   -    2016/04/27/22:06
初めて書き込みします。1984年以来のプリンス好きです。
新築に越して1週間も経たない間に、殿下が天国に召されたニュースを聞いてから、週末はずっとまだ開けていない段ボールだらけの部屋のステレオの前で彼の曲を聴き続けたり、箱からライブのパンフレットを探し出してきて見つめ続けたり、ずっとブルーな気持ちになっていました。実際に心臓の胸の辺りが痛い感じがしました。そんな感覚はティーンの頃に失恋した時を思い起こしました。
日曜日の夜になってミネソタ州の姉のことを思い出しました。彼女の大学時代の彼氏がミネアポリス出身でそのまま住み続け、現在の夫の親戚の多くはミネアポリス・セイントポール姉妹都市在住です。名古屋大学時代に金のない僕に初のプリンスのコンサート・チケットを誕生日にプレゼントしてもらったり、一緒に横浜のレインボーホールのコンサートに行ったこともある姉の、そして地元の反応はどうなのかが気になり、ほぼ1年ぶりに電話してみました。因みにプリンスの珍曲シスターみたいな関係は一切ないです(笑)。
姉はファースト・アベニューを中心に多くのフリーコンサートが行われていることや、地方局の特番のことを教えてくれました。そして多くの人が何かを紫にすることでオマージュしていることを教えてくれ、姉自身はネイルをパープルにしたと言っていました。新築祝い何か欲しいものはないかと言われたので、家をパープルに塗りたいので、紫のペイントを送ってくれと頼んだら日本では家をペイントで塗らないでしょと大笑いしてくれました。
電話を切った後にふさぎ込んでいる場合じゃないなと思いました。僕自身も何かを無性にパープルにしたくなりました。日本のファンとして日本独自のものは何かないのだろうか、日本だからできることはないのか。そして蝋燭の灯が消えかかっていた僕のハートは急に小さな野望を持ち始めました。そうだ、日本の、特に渋谷のハロウィンは世界でも特異な存在だ。今年のハロウィンはパープルにしてやるぞ♂♀To be continued…

RIP   -  -  [ 1135]   2016/04/28/03:06
57歳の主婦です。86年横浜スタジアム両日行きました。07年スーパーボウルハーフタイムショーを見終わってコーフンしてこちらに書き込んだのが初めての、そしてこれが2度めの書き込みです。
つらい。

Previous | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | Next


PR