partymind

menu

Deliverance リリースに対して4億円の支払い命令

2017年の4月に青天の霹靂のようにリリースされた「Deliverance」を巡っては、何度かニュースで取り上げてきましたが(参考)、最終的にはエステート側の勝訴ということで終幕。…と思いきや、まだ続報がありました。ミネソタ連邦裁判所は「Deliverance」をリリースしたIan Boxillに対して$3,960,000(日本円で約4億4千万円) の支払いを命じました。エステート側が昨年請求してきたものを認める形になります。情報源

Prince of the Court

Boxill 氏はプリンスに関わる楽曲の権利をエステートに引き渡すことも命じられており、大金は取られるわ、金の卵を産むガチョウは奪われるわで、踏んだり蹴ったりですね。まぁ、リリース当時から怪しさしかなかったので予想通りの結果かもしれませんが。

 

ところで、本日東京では雪が降ったようですね。
Sometimes it snows in April.

1年でもっとも心が引き締まるこの時期に雑音のようなニュースでしたので、この動画で口直しを…。

2019/4/10


PR