partymind

menu

プリンスがエイズを発症していた? - 噂の真相

プリンスの死後に拡散されたフェイクニュース

2016年の4月21日にプリンスが亡くなり、6月初頭に公式報告が発表されるまでの間、プリンスの死因について様々なニュースが流れて情報が錯綜しました。最初の一両日はスターの早過ぎる死を悼む記事ばかりでしたが、間も無くセンセーショナルさを求めて一部の報道は過熱していきました。エイズ説はその期間中にタブロイド紙が捏造、または金目当ての自称関係者が騙ったものです。

根拠は後述しますが、虚偽であることが証明されています。プリンスは後天性免疫不全症候群(AIDS)を発症していませんし、HIVにも感染していませんでした。

プリンスはエイズで死亡?

現地のタブロイド紙が書き立てるだけなら「OK、今回のはまぁまぁだな」で済むのですが、そのソースを翻訳して紹介している日本のニュースサイトやブログの罪は計り知れません。ソース元を確認しない、または信憑性を知らない閲覧者は疑うこともなく鵜呑みにするからです。以下はFacebookの某アカウントの投稿とレスの抜粋ですが、ご覧の通り鵜呑みにしている人だらけです。まぁ、ニュースサイトに載っていたら、普通の人は信じますよね…。

情報弱者

ニュースの内容と反論の根拠

ニュースの要点をまとめると以下の通りです。

  1. プリンスは90年代半ばにHIVに感染していた。
  2. エイズを発症していたため死亡時の体重は約36kgだった。
  3. 死の半年前にエイズを発症していたが、宗教上の理由により治療を拒んだ。神が治してくれると信じていたとも。
  4. プリンスは自身の死を悟っており身辺整理を始めていた。
  5. 以上を証言したのは自称「親しい友人」であり素性は明かされていない。

知識のある人なら失笑するレベルの内容ですが、知らない人は信じてしまいますよね。以下に反論の根拠を列記します。まず、プリンスが感染/発症していたことを報告する公式な資料は現時点で存在しません。合衆国で公開されている公式な検死報告書によると、死亡時の体重は112lb(約50kg)であり既往歴にも言及がありません。参考リンク:プリンスの死因について

この時点で論破完了なのですが、ついでに他の根拠も示しておきます。90年代半ばにHIVに感染しているのであれば、同時期に付き合った女性達や、マイテとマニュエラという二人の元妻もHIVキャリアの可能性が高いはずですが、そのような事実はありません。
また、エホバはエイズに対する薬物治療を否定していません(エイズの原因となる輸血は否定しています)。そして、プリンスが自身の死を悟っていたのであれば遺書が無かったことに対して説明がつきません。死後の遺産に関する混乱を顧みると身辺整理をしていた可能性は非常に低いと思われます。

そもそも情報源が匿名という点とニュースの特性を鑑みれば、信憑性について論を待たないところかと思いますが、一応真面目に反論してみました。

ゴミ製造雑誌:ナショナル・エンクワイアラー

拡散している情報の源はスーパーマーケット・タブロイドの代名詞でもあるナショナル・エンクワイアラー(National Enquirer)紙です。セレブリティをターゲットにしており、センセーショナルで部数が取れそうであれば裏も取らずに煽りや誇張に嘘で固めたトンデモ記事を娯楽として出す、日本での東スポのような大衆紙です。

プリンスはエイズで死亡?

過去には、ケイトリン・ジェンナーが男性に戻るという記事や、ニール・パトリック・ハリスの破局という虚偽のニュースを掲載したことがあります。さらにシェールが間も無く死ぬという予言を数年間主張し続けています。LGBTの人をターゲットにして攻撃するとアメリカ保守層がウハウハ喜びそうなので、いかにもな下衆記事という感じですね。

プリンスはエイズで死亡?

同じタブロイドが発信する記事でも、例えば「私は宇宙人の子供を妊娠した」という内容であれば誰も信じないと思うのですが、中途半端にリアリティを持たせたフェイクニュースが、日本においては「事実」として拡散されてしまっている状況です。

ナショナル・エンクワイアラーこと、ゴミ製造雑誌が発信したフェイクニュースは、日本のお粗末なニュースサイトやブログで再生産(コピー)されて拡散しました。一度発信された記事は修正されることもなく、まるでポイ捨てされた空き缶が土に還らず車道の端に転がり続けるかのように、今なお無責任にインターネット上に漂い人々の心を荒ませている状況です。

プリンスはエイズで死亡?

関連記事:ゴシップ天国

さいごに

補足ですが、もしプリンスのエイズ発症が事実だったとしても私はまったく構いません。HIVは疾患の一つで誰もが罹患する可能性のある病気です。差別は論外ですし、罹患を不名誉とは思いません。もし新たな証拠が出れば事実として受け入れます。

わざわざ本稿で反論する理由は、ひとえにこれらが「事実ではない」からです。例えばこれがエイズではなく、盲腸で死んだというニュースだったとしても同じように反論するでしょう。

 


スポンサーリンク