partymind

menu

バイオグラフィー:プリンスの死因について

死因に関する公式発表

2016年4月21日に急逝したプリンス。その逝去から1か月以上経った2016年6月2日、合衆国ミネソタ州のミッドウエスト検視局が公式な検死結果報告を公開しました。同報告によると、プリンスの死因はオピオイド系鎮痛剤であるフェンタニルの過剰摂取による中毒死であり、偶発的な事故と断定されています。Rress Release from Midwest Medical Examiner's Office

midwest medical examiner's office

司法解剖の検査結果によると、プリンスの体内(血中および肝臓)からはかなり高濃度のフェンタニルが検出されました。使い続けると耐性ができるため致死量は人により異なるのですが、慢性的な痛みを抱えて常用している患者としても異常に高い数値だったということです。

プリンスが使用した鎮痛剤の入手経路等については2016年の時点で特定されておらず、プリンスが鎮痛剤をフェンタニル含有と知らずに服用していた可能性について報道で示唆されました。実際、路上で押収されるような偽造薬の中は、少量で強力な効果をもたらすフェンタニルを混ぜることが横行しています。しかし彼の死から2年後の2018年4月19日、プリンスの死について事件性を見出す証拠は立件できなかったと検察局が公式に発表。調査をクローズしています。参考リンク

フェンタニルとは?

フェンタニルは合成オピオイドで、末期のがん患者などの疼痛緩和の目的で使用されます。モルヒネの50~100倍の鎮痛効果、ヘロインの50倍の効果がある強力な鎮痛剤です(日本においては麻薬指定)。 米国では 2016年だけでも約2万100人がフェンタニル使用により亡くなっており、オピオイド系全体を含めると6万4000人に上ります。プリンスだけでなく、トム・ペティもフェンタニルで亡くなりました。

処方箋があれば簡単に手に入るフェンタニルは米国で深刻な社会問題になっているため、早急な法整備が待たれます。エアロスミスの スティーブン・タイラーはピープル誌のインタビューでプリンスの死を悼む言葉とともに「今はストリートじゃなくて医者が新しい売人だ」「アメリカ人は処方された薬の常習者なんだよ」という旨の発言をしており、プリンスの死が誰かの命を救うことを願っていました。

なぜプリンスはフェンタニルを使用したのか?

アメリカでは合法に処方されるものとはいえ、薬により命を落としたという事実は多くの人にショックを与えました。一体いつから、そしてなぜ鎮痛剤を使用していたのでしょうか?
その原因は、彼が腰(股関節)に抱える問題にありました。長年のハイヒール着用と、高所からのジャンプ、スプリットなどのステージでの激しいパフォーマンスにより、プリンスはミレニアム前後から股関節の不具合を抱えていたと伝えられています。2005年あたりから手術をしたのでは?という憶測が飛び交い、ついに2010年に股関節置換術を受けたという話もありましたが、個人的に確証を得られる情報源を確認したことはありません。手術をしたかどうかは置いといても、2000年代からダンスが極端に控えめになり得意のスプリットも封印しているので、相当痛みを抱えていたのだと想像します。

余談:時々、プリンスが持っている杖をして、不調の証左であるとする意見を見かけますが、杖は80年代から既に使われています。その頃はステージで飛び回っていた頃なので、恐らく股関節の痛みとは関係無いでしょう。ただ、ファッションとして持っていたものが実用目的になった可能性はありますが。

midwest medical examiner's office midwest medical examiner's office

悲劇の前触れ

2016年4月初頭、プリンスはインフルエンザを理由にピアノ&マイクロフォンツアーの幾つかの公演をキャンセルしました。4月14日のアトランタ公演は体調不良を押して敢行したのですが、公演後、プライベートジェットで移動中に容体が急変し、モリーンに緊急着陸して病院に搬送されました。
当時はインフルエンザが理由とされていましたが、実はこのときも鎮痛剤パーコセットの過剰摂取により人事不詳に陥っていたようです。(後にジュディス・ヒルが証言)緊急入院でセーブショットを処方されましたが、24時間の入院を言い渡されたにも関わらず、部屋の空きなどの理由により3時間で病院を出てしまったようです。

プリンス、ギターお披露目

その後、死の数日前となる4月17日にはペイズリーパークで行われたダンス・パーティに登場。新しく作成したピアノとギターをお披露目し、ファンに元気な姿をアピールしました。このとき、「まだ死なないよ」という意味深なことを発言していたそうですが、当然のことながら、その数日後にプリンスが亡くなると想像した人は皆無でした…。
遡って、2014年のローリングストーン誌によるインタビューでは「死はこの世を去るという意味じゃないと思う。僕がリアルタイムで喋れなくなったときのことだ」と発言していたことが、我々ファンの心の拠り所になるのかもしれません。

 

さらに、4月16日にTwitterでは以下のように謎めいた内容を投稿しています。一連の発言が一体何を意味するのかは永遠に語られることはありませんが…。

 

※追記:
記事に対してご指摘をいただいたので、一部訂正いたします。情報Thnx>hitodeさん
上記のプリンスのツイートは死の直前に何かを悟ったかのようであると、広く拡散されて話題になりましたが、実はファンのツイートをそのままコピーしてツイートしたものだそうです。全文引用しようとしたらTwitterの文字制限に引っ掛かったため、最後の一文を別ツイートにしたようですが、後半のツイートには@LilaCooperiderのメンションが外れており、一般のフォロワーからは後半のツイートだけが見えてしまったとのこと(ズコー)。

ツイート1
ツイート2

最後まで人騒がせな人だ…。というかリツイートの機能を知らなかったのか、殿下…。ちょっとガッカリしてしまいましたが、この一連のやり取りをただの偶然と取るか、なにか運命のいたずらと取るかはあなた次第です。

死因に関する噂について

ゴシップ誌が流したガセネタの一つである、「プリンスがHIVに罹患しており死の半年前にエイズを発症していた」というニュースについて、次のページにまとめました。あまりこんな俗っぽいことは書きたくはなかったのですが…。

タブロイドの嘘

次を見る ⇒


スポンサーリンク